メニュー

認知症について

年をとっていくと多少の「もの忘れ」は誰にでもあるものですが、こういった加齢現象とは違い、正常だった脳の働きが低下していく病気です。いろんなことが思い出せない、ついさっき体験したことが憶えられない、周囲の状況がわからないなどの症状が出始め、徐々に日常生活に支障をきたすようになります。進行すると徘徊やせん妄、不眠、うつ症状などが現れることがあります。現在、認知症の特効薬というものはまだ開発されておらず症状の進行を遅らせるお薬が中心となっています。そのため早期発見・治療が重要となっています。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME